雪と寒さと日本語への不満感と無常観。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

ああ、本当に寒い!

スゴイ暴風雪!

今朝は、寝室のしまっている窓の隙間からも雪が吹き込んでいた。なんでやねん!?

名探偵ポワロのセリフに「ポワロは隙間風を好みません」というのがあるが
それどころの騒ぎじゃあない。ベルギー人は甘いよ。

ああ、生きていくのがつらい。

これではまるで『八甲田山』で暮らしているようなものではないか!

毎冬毎冬思ってきたことなのだが、北国に住んでいることはいろんな面で損だ。

同じ仕事をしているのに、ボクらは南国の人よりもつらい。

それだけでなく、寒いと暖房費がかさむ。

ざっとひと冬で30万円はかかる。

ものすごい損失感だ。失望感だ。絶望感だ。

北国に住んでいる人は、何か悪いことをしましたか?

そう言いたくもなる。

そんな、不満感満載のいつもの冬である。

さて、ボクが今日不満を申し述べたいのは、北国のひがみばかりではない。

日本語に対する不満だ。

今日ぶち当たった不満は、「感」「観」「勘」の使い分け。

価値観、人生観、歴史観、倫理観。「観」は本質を悟る、見方、見える様子とある。

一体感、第六感、正義感、使命感。「感」は気持ち、感じ方とある。

土地勘、ヤマ勘。「勘」は直観によって感じ取る能力とある。

ついでに、熱燗の「燗」は平仮名書きするルール。「あつ燗」である。

さて、不満感を持ったのは「新聞用字用語集」のこの記述である。

※「無常観」「無常感」などは内容によって使い分ける。

これだから日本語は難しい。

んもう、いったいどっちやねん!?

怒るで~!!!

「アタッシェケース」が正解です。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

アタッシェケースではなくて「アタッシュケース」ですよね、ふつー。

ナルシシストじゃなしに「ナルシスト」ではありまへんか、フツー。

ボーダーレスちゃうくて「ボーダレス」ちゃいまっか、ほんまんとこ。

ボクも校正者という職業でなかったら、「そやそや!」と言っているところなんです。

だって普段はそう使いますもん。

でも、仕事上はそうはいかないのです。

『記者ハンドブック』第13版の「外来語・片仮名語用例集」には、黒字のほうが正しいと書いてあるわけです。

なかなか因果な商売です。

関係があるようでないような「~関係」という言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

「~関係」という言葉がある。

対象をぼやかす言葉だ。

「みたいな~」みたいな言葉。

人々のコミュニケーション能力が落ち、それを補うべく登場した「あいまいもことば」の一つかもしれない。

大体そこらへんの範囲を大くくりに指すから、言われたほうもグサッとこない。けんかにならない。

そんなわけで、「~関係」も大流行りである。

ボクがこの言葉で真っ先に連想する熟語が「肉体関係」である。

対語に「精神関係」があってもよさそうなものだが、それはプラトニックな関係を指す場合よりも、そっち方面の病院関係を指すほうがフツーだろう。

病院関係で思い出したが、先日バス停でこんな会話を聞いた。

「おまえ、ところで今どこで働いてんの?」

「おれか? おれは今あれだ、あっち関係」

「あっちってどっちだ?」

「うん、医療関係」

「へえ~」

会話はそこで終わったが、ボクはその回答者が大学病院の駐車場の案内をしている人であることを知っていた。

まあ、確かに医療関係者と言えなくもない、が、言ってほしくない、とゆーか、やっぱ違うだろ!

同じような関係の問題で、かつて住んでいた村のアキオさんは、生前こんなことを言っていたものだ。

「私の職業は報道関係!」

彼は新聞配達人であった。

確かに報道関係者には違いないが、やはりどこか釈然としないものを感じていたものだ。

では、「~関係」と言った場合、どこからどこまでが「関係内」であって、関係に入れてもらえないのはどこからか?

これは線引きがヒジョーに難しい問題だ。

例えば「法曹関係」と言った場合、「弁護士」や「判事」はもとより、「司法書士」辺りまでは含めて考えていいと思うのだが、裁判所で働く警備員まで含めて「法曹関係」というのはいかがなものか?

同じ音で「放送関係」と言った場合、「テレビ局で働く人」全般を放送関係者と言っていいものだろうか?

そんなわけで、この「~関係」という言葉は大変、大きな含みを持った、懐の広い、それでいて怪しい言葉なのだ。

前述した「肉体関係」もしかりだが、「愛人関係」とか「不倫関係」とか、そーゆー熟語がポンポン出てくることからしても、やっぱりどこか影のある言葉だ。

本を読めない人は人の心も読めない。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

いつもいつも「日本語の表記は難しい」と思って仕事をしている。

どーしてそのバアイは「一つ」で、このバアイは「1つ」なのか?

どーしてその時は「とき」で、このバアイは「時」なのか?

校正の仕事は、このような「悩み」を宿命的に抱えながら、それでも「それはこーだからこっちなのだ!」と自他ともに納得させなければならない。

その「よりどころ」は『新聞用字用語集』(13版)だったり文部科学省の『改定常用漢字表』などなのだが、これがなかなか厄介だ。

ちなみに「よりどころ」は「拠り所」なのか「寄り所」なのか「依り所」なのか「因り所」なのか?

正解は「よろどころ」である。

なぜだ?

と言われれば、こう言うしかない。

『新聞用字用語集』(13版)にそう書いてあります、と。

そんなわけで、それでなくても日本語表記は難しいのだが、

校正や校閲という仕事は、日本語のような表記の難しい文字文化の上にこそ成り立ってもいるわけだ。

日本語が難しいからこそおまんまが食える、ということ。

しかし、そんなボクらの職業を脅かすことが起こっている。

それは「聞く本」オーディオブックの台頭だ。

アマゾンでは「オーディブル」といって、文芸書から落語まで、いつでもどこでも歩きながらでも読める、いや「聞ける」のだ。

そーなってくると、どーなるか?

人は活字そのものを読まなくなる。今まで以上に読まなくなる。読む必要がなくなる。聞けばいいのだから。

そーなってくると、どーなるか?

文字が要らなくなるとは言わないが、少なくとも今ボクらを悩ましくしている「表記」というものが必要なくなる。

文部科学省の『常用漢字』がやがてなくなり、そのうち日本語の表記は全て「ひらがな」でいい決まりになる。

そーなると、どーなるか?

ワシラは廃業する。

が~ん!

そんな暗い気持ちになっていると、妻が横でこう言った。

「本を読めない人は人の心も読めない」

なるほど。

何だか、訳もなく納得するボクであった。

みんな、本読もうね!

そうそう、このコーナーの表記は「日常のしかつめらしい表記ルール」に対して、

ささやかな反抗を企てるべく、あえて『ふにゃふにゃぐーたら表記』で書いています。

あしからず。

わたしたちは、私たち。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

久しぶりに「言葉」に足が震えた。

その「言葉」は、

右手に買い物袋、

左手にサックスのケースを提げて、

西武デパートを出る時に、

後ろのほうから聞こえてきた。

年齢を脱ぐ。

冒険を着る。

そして、わたしは、私。

ボクは西武デパートの回し者でもなんでもないが、

どうかココ↓をクリックして、

そこに書かれてある「言葉」とムービーを見てほしい。

https://www.sogo-seibu.jp/watashiwa-watashi/

こんな「一歩前」の「自分たちらしい生き方」がしたいね!

妻に話したら、彼女は我が意を得たりの顔でそう言った。

追伸。

実はボクは西武を出る時にこう聞いたのだった。

年齢の上に

冒険を着る。

そして、それを妻に話した。

でも、このブログを書くに当たって正確を期すために調べたのが前述のコピーだった。

で、妻が今朝、ボクにこんなことを言うではないか。

「西武のコピーもいいけど、私はあなたが最初に言ったコピーのほうがピンとくるわ」

年齢の上に

のほうが、「年齢」の重みをより肯定しているからだそうだ。

その年齢になったからこそ、その冒険が着れるのだ。

その冒険が似合うにだ、というようなニュアンスが、ボクの間違ったコピーのほうが出ているというわけ。

そうか。

ボクもまんざらじゃないな。

ブラックな言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

今「ブラック」といえば「ブラック企業」のことであろう。

かつて「ブラック」というのは「辛~いガム」であった。

あるいは「大人の苦いコーヒー」であった。

悪巧みをしている人を「腹黒いヤツ」ともいう。

「ブラック」といい「黒」といい、「しぶい・かっこいい」と「汚い・悪い」が両極端な言葉である。

ボクは個人的に女の下着は「黒」がいい。

肉は「黒毛和牛」がいい。

それはさておき。。。

「ブラック企業」はいやだね。

「ラック」は「ラック」でも、その対極にある、福を呼ぶ「グッドラック企業」を目指さないとね!

ことなひまめ事務所はそんな事務所ですよ。

淫売は爛漫と花咲く環境。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

友人で数学の予備校講師になった男がいる。

彼は「ルート2」を「ひと世、ひと世に、ひとみごろ」と暗記していたし、

「ルート3」を「人並みにおごれや」とも覚えていた。

まあ、それはみんなもそうだろう。

そうやって覚えたものだ。

また、「鳴くようぐいす平安京」とか「いい国つくると鎌倉幕府」と、年号を暗記したこともあるだろう。

そうやって覚えたことは、今でもしっかり記憶の中に息づいている。

ところで、数学講師になった彼は、高校時代、この方法で「英単語」を覚えようとしていた時期がある。

後に数学講師になる彼は、彼ほどではないものの英語の苦手だったボクに、こんな暗記法を教えてくれた。

それは「環境」という意味の「environment」という英単語の覚え方。

「淫売は爛漫と花咲く環境」

「エンバイランメント」=「環境」。

だがしかし、これってどう?

君の努力は分かるけど、これってちょっと無理ありゃしまへんか?

そもそも、当時、ボクは受験生であった。

まだ筆おろし前の、にきび面の高校三年生であった。

淫売って何よ?

「淫売が爛漫と花咲く環境」ってのがまったくイメージできなかった。。。

ちなみに「淫売」(いんばい)とは。

女が金品を得て男に性行為を許すこと。また、それを職業とする女。売淫。売春。

ちなみに「爛漫」(らんまん)とは。

花が咲き乱れているさま。光り輝くさま。明らかにあらわれるさま。

今なら、同義語に「酒池肉林」というものがあることも分かるけどね。

***************************

まあ、今年もこんな感じでばかやっていきますので、お付き合いくださいね!

「関ジャニ」と「青春の門」。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

今から書くことはものすご~く恥ずかしいことだ。

いろんな意味で恥ずかしいのだ。

今どきの芸能事情を知らないという意味でももちろん恥ずかしいが、実はそんなことはもうとうに慣れっこになっている。

特に妻は「南海キャンディーズ」の山ちゃんすら知らなかった。

ちゃっかり「真理さんへ」などと書いたサインまで頂きやがった。

それはそれとして、とにかく最近(といっても「ギター侍」「青木さやか」辺りまで)がギリギリ分かる程度で、あとはもう、歌、お笑い、芸能、バラエティー系全般に関しては、何も知らない化石の2人である。

芸能方面、偏差値15の2人である。

で、恥ずかしいことというのは、何を隠そう「関ジャニ」のことである。

どーやら「関ジャニ」は有名な人たちのようで、こうしてワードの変換機能でも4番目に出てきた。

ちなみに1番は「患者に」、2番は「間者に」、3番は「冠者に」である。

すごい! グループ名が並み居る「往年の言葉群」の中で4番目に出てくるなんて!

さすがにボクも名前ぐらいは知っていた。

ところが、妻は知らなかった。

いや正確には、知っていたが間違っていたのだ。

彼女はこう言った。

「ああ、知ってる、それ。せきジャニでしょ!」

せきジャニ

これは、下手に知らないよりも恥ずかしいと思った。

その人の名誉に懸けて誰とは言わないが、かつて「青春の門」のことを知ったかぶってこう言った人を思い出す。

「ああ、五木寛之の青春のかどね」

。。。

気を付け言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

生協の宅配をやっている。

いや、やっていると言っても、ボクが大根や牛乳をトラックに詰めて宅配しているのではない。

してもらっているのだ。

いわば「お客さん」「クライアント」「お得意さん」である。

毎週木曜日、お兄さんが来る。

昔なら、

「ちは~、三河屋で~す!」

と言って元気よく前垂れをした兄ちゃんが勝手口からやってきたものだ。

サザエさんよろしく。

今もその辺の風情は変わらない。

「ちは~、生協で~す!」

である。

前垂れはせず、微香性の若者の香水がかおる。

彼は、ある「言葉」を携えてくる。

それは「気を付け言葉」である。

例えばこんなんがある。

ネギを持ちながらの、

「砂、落ちるので気を付けてくださいね~!」

玉ねぎのネットを持ちながらの、

「皮、落ちるので気を付けてくださいね~!」

玉子のパックを持ちながら定番の、

「殻、割れないように気を付けてくださいね~!」

最近のヒットは、

ワイドハイターを持ちながらの、

「臭い移りに、気を付けてくださいね~!」

であった。

ほんとだ、気を付けなきゃ!

と思ったものだ。

そんなわけで、いつも妻とボクは新しい「気を付け言葉」を期待して待っている。

もう少しアイテムが増えたら、『気を付けかるた』なるものの制作に取り掛かりたいと思っている。

こういうものだ。

泥の付いたネギの絵、玉ねぎの絵、ワイドハイターの絵などを描いた札を用意して床に並べておく。

読み手は、「皮、落ちるので気を付けてくださいね~!」などと読むのである。

「皮」と読むのが早いか、「バンッ!」と「玉ねぎ」の絵を描いた札を取る。

そういう遊びだ。

次回が今年最後の配達日だが、果たしてアイテムは出そろうだろうか?

痛い言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

痛い言葉がある。

どこが痛いかにもよる。

例えば「耳」が痛い言葉。

「だからあれほど言ったでしょ!」

がそれである。

「あれほど」がどれほどで、「内容」がなにかは人によって異なる。

ボクのばあいは、ほぼ「勉強」に関するものだった。

それは必ずツーシンボを見られたときに親の口から発せられた。

ヒジョーに痛い言葉であった。

あとは「お尻」が痛い言葉。

言葉というか、あまり意味のないそれが大量につながり合った「お話」といいますか。

そういうお話を長々と聞いているとどんなに座り心地のいい椅子に座っていても「お尻」が痛い。

お尻が出たついでに、「座りの悪い」言葉というものもある。

例えばこういう形容詞がボクに付けられた場合がそうである。

「イケメンの」

「ニヒルな」

「寡黙な」

などである。

逆に、相手が「こそばゆくなる」言葉、「気持ちいい」言葉もある。

これらの言葉を武器にして「水商売」は成り立っている。

また、あらゆる業種業界のトップセールスマンはこの言葉の達人として知られる。

これらの言葉は、相手にとって「痛い」言葉や「刺す」言葉の対極にある。

だけど、ものごとは何でもバランス。

過ぎたるはなんとかで、あんまり調子に乗って多用していると、「歯が浮く」言葉になってしまう。

そうなると、相手を気持ちよくさせる効果は半減してしまう。

歯が浮く、といえば、歯槽膿漏になってもそうなる。

そして歯が抜けてしまう。

そうならないように、皆さん、食べたら歯をしっかり磨きましょう。

あれ?

何の話だっけ?