やり場。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

「やり場」
とは何か?

「持って行く場所」のことである。

持っていく場所がないことを「やり場がない」という。

「怒り」や「悲しみ」や「不満」や「目」や「心」や「気持ち」など、人はそーゆーものの「持って行先」がなくて悩んでいる。

「お金」の「やり場」ならいくらでもあるのだが。。。

怒りや悲しみや不満といった、いわば「負の感情」の「やり場」がないと、人はストレスを抱えてしまう。終いには「うつ」などの精神疾患になってしまう。

そーいう場合、誰かが「サンドバック」か「抱き枕」か「掃きだめ」になってくれると助かる。

しかし、得てして、そーいう人は、そーいう便利な相手がいないからこそ、そーいう負の感情を持つに至っている。

なので後の祭りなのである。

「サンドバック」のごとき人間緩衝剤は、普段からコツコツ養っておく必要がある。

さて、ボクはここんとこ、ある「やり場」にしこたま困っている。

あるやり場とは、すなわち「目」のやり場のことである。

オリンピックの女子のユニフォームを見たまえ!

飛び込み女子!!

陸上女子!!

体操系女子!!

シンクロ女子群!!!

ビーチバレーじょ~~し!!!!

何たる「V」だ!

それじゃまるで「I」ではないか!

どこまで食い込めば気が済むのかね!?

どこまでオジサンの目のやり場を奪うのか!!

その点、卓球女子とバドミントン女子のユニフォームはいいねえ。

オジサンも安心して見ていられるもんねえ。

ああ、ありがたい、ありがたい!

それにしても、ああいう手合いのユニフォームは一体、だれが、何のために、いつ、考案したんでしょうかねえ?

あの手の「エロきわどさ」を追求していくことに、どんな意味があるんでしょうかねえ?

単なる機能性の追求ではないような気もしてくるんだよねえ。

食い込みの角度というか、切れ込みの先端の未来に、ボクはやり場のない不安を覚えている。

今はまだ、かろうじて腰骨の上に留まってくれている「切れ込みの先端」が、やがて脇の下辺りまで延びた場合のことを危惧しているのである。

こわい。。。見たい。。。こわい。。。見たい。。。

スーパーテープ起こし専門店『起こし屋本舗』を開店しました。

スーパーテープ起こし専門店『起こし屋本舗』を開店いたしました。

ベテランの「テープ起こし職人」と 実績のある「原稿校正職人」が、 満を持して最強のタッグを組みました。
下請けを長くやってきて分かったことは、 大手さんにはかなわない領域もあれば、 私たちにしかできない役割もあるということ。
前者は受注キャパとプライバシーマークであり、 後者は原稿精度こまやかでしなやかな対応です。
「起こし屋本舗」は後者で勝負します。

主人公はあくまでも声の主。
しゃべり手の個性や話の特性を生かしつつ、 正しく、読みやすく、美しい原稿に仕立て上げ、 「素晴らしい原稿だった」と褒めていただくのが 私たち黒子の使命であり矜持です。
夫婦二名体制ですので 一度にたくさんの仕事はこなせませんが、 一音一声、一字一句に真心込めて起こします。
守秘は職業人として言わずもがなのルールです。

どうぞ、私たちの職人技をご堪能ください。

言葉を超えた五輪のステキな女性たち。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

リオ五輪を見ている。

ステキな女性たちが目白押し。

特にレスリングの女性たちがいいね。

不思議なもので、試合前には「?」とか「!?」とか思っていた顔が、最後は「!」とか「!!」とか「!!!」になる。

勝った顔も、負けた顔も、どちらもステキだ。

もう全身から「ステキッシュ」なオーラが出まくっているのだ。

それはもう「元顔」や「地顔」をはるかに超えて、ひたすら燦然と輝いている。

表情は形状なんかじゃあないんだなあ、とつくずく思う瞬間だ。

面白いことに、競技が筋肉質的であればあるほど、ステキッシュ度は上がる。

競技者の顔が霊長類的であればあるほど、その表情がどーしょもなく可愛く見えてくる。

ボクはそのステキな顔を見てどれだけ涙を流しただろうか。

その笑顔や涙目にイッテまっただろうか。

ボクがもっと若く独身だったら、プロポーズも辞さないと思っただろうか。

しかし、その輝いている一瞬は短い。

やがて、彼女たちにマイクが向けられる。

スタジオに呼ばれ、いろいろコメントさせられる。

ああ、もう駄目だ!

そうなると駄目なのだ。

ステキッシュ度がガック~ンと下がってしまう。

「しゃべるな、危険!」

インタビューを見るたびに、そう思ってしまうボクだった。

そういえば、こんな尾形真理子さんの名コピーがあった。

言葉に頼りすぎると退屈な女になっていく。LUMINE

アスリートはあまりしゃべらないほうがいい。

みんなとは言わないけれど。

言葉を超えたステキな表情だけで、十分絵になるのだから。。。

格調高い読み姿。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

お盆中、ボクはいろいろなことを考えていた。

だが、あんまり暑かったので、いろいろなことの大半を忘れてしまった。

たった一つ思い出せる記憶を今日は書いておきたい。

そうしないと、せっかくのいろいろな考えを全て忘れてしまうからだ。

人は何をどこで読む姿が最も格調高いだろうか?

図書館を除けば、かつて、人がものを読んでいる姿を一番目にするのは「電車」の中であった。

読んでいるものは「週刊誌」であり、「日経新聞」であり、「夕刊フジ」であり、「競馬新聞」であり、それらを熱心に読んでいるのはサラリーマンのオジサンたちであった。

「赤尾の豆単」や「チャート式数学ⅡB」などを広げていたのは、もちろん受験生であった。

あるいは「きれいなブックカバーをまとった文庫本」などを優雅に読んでいるご婦人もいた。

中には分厚い漫画本を読んでいる者もいたが、これが学生ならまだしも、いい大人がいい年こいて「少年ジャンプ」などをニヤニヤした顔で読んでいる姿はいただけない! と、当時受験生だったボクは生意気にも思っていたものだ。

「エロ本」を隠し読みするオヤジもいた。それを覗き読みする「ヤらしいニキビ面の少年」もいた。それがボクであった。

そういう光景を昔は目にしたものだ。

電車の中での読み姿というものは「その人間そのもの」を表していた。

何を、どんな顔や姿で読むかによって、その人の趣味が分かるばかりでなく、知性とか教養までもが分かりやすい形で露呈していたともいえる。

ところが今はどうだろう?

みんな「スマホ」を読んでいる。

一様にあの小さなものに向かっている。

ボクは、あの読み姿はぜんぜん格調高くないなあ、と思う。

「格調高い読み姿」って何だろう?

電車の中で百科事典広げて読め、とは言わないが(それもかなり変だが)、何というか、シャレたブックカバーを巻いた文庫本などをサッと広げて、涼しげなまなざしで読んでいる女性の姿がボクは好きだなあ。

でも、電子書籍の時代、そんな骨董品的な人は、どこを捜してもいないんだろうけど。

かつて、米余りの時代、世良正則がコマーシャルでこう言ってた。

「みんな、米、食おうよ!」と。

出版不況の今、ボクは言いたい。

「みんな、紙、読もうよ!」
と。

濡れる夏。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

夏は濡れやすい。

ちょっと動いただけですぐ濡れる。

『恋人も濡れる街角』という歌があった。

不思議な鯉が女の姿をしてやってくる歌である。

もとい、鯉じゃなくって「恋」。

YOKOHAMAに、今夜あたり訪れる乱れた恋である。

それは、間柄は遠くても触るだけで感じちゃう恋である。

そしてずんずん指先でいかせてほしくなる恋なのである。

誰が誰を? と聞くなかれ。

やがて、女は狂おしいままに乱れ、濡れていくのである。

たしかそんな歌詞だった・・・気がする。

そんなわけで、ボクはどうしても、夏は濡れるものだ、という印象を持っている。

実は、この歌詞のどこにも「夏」を思わせるフレーズはないのだが、ボクの妄想の中では、次の言葉によってこの歌は「夏」で、したがって「夏は濡れる」のである。

まず「YOKOHAMA」という言葉。

横文字で書かれた「YOKOHAMA」はゼッタイ「夏」である。

誰が何と言おうと「夏」である。

そして、この曲を作った桑田圭祐のイメージも「夏」。

サザンオールスターズのイメージが「冬」であるはずがない。

夏は濡れる。

いや、濡れたい。

思いっきり泳いで、海で濡れたい。プールで濡れたい。

ああ、もっともっと濡れたい!!!

外で濡れた後ももっと濡れたい。バーで濡れたい。ベッドでも濡れたい。

いろいろ濡れたい! 濡らしたい! 濡れ合いたい!

モヒートという飲み物がある。

名前は「ヒート」だが、冷たいカクテルである。

さっぱりとしたライムと、ミントにラムの甘い香りがよく合うらしい。

モヒートの語源は、スペイン語の「mojar:濡らす」に由来するらしい。

グラスが濡れるほど冷たく作るのがポイントらしい。

濡れる夏、モヒートの夏。

「らしい」という伝聞の助動詞を使ったように、実はまだ飲んだことないのよね。

美味しいらしいんだけど。。。

large

ラブレターを書いてみたくなった。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

そう言えば、ずっと手紙を書いていない。

それから、印刷された新聞や雑誌の文章を読んでいない。

みんな「デジタル」になったからだ。

手紙はメールで、新聞や雑誌はネットで読む習慣になったからだ。

『トト姉ちゃん』のおかげで『暮らしの手帖』に興味を持ち、書店で買ってしまった。

そして、久しぶりにインクの匂いのする「活字」を読んだ。

活字で表された「エッセイ」などを読ませていただいた。

「いただいた」と補助動詞を付けたのは、パソコンで同じ内容を読むよりも、はるかに手が掛かっているだろうなと、思えるからだ。

この本がボクのもとに届くまでに、たくさんの人の手を経ているだろうなと、思えるからだ。

その人たちの『汗』の匂いと「インク」の匂いのハーモニーが感じ取れるから、ありがたい。

そこに、パソコンのディスプレイやスマホの画面とか違う、「手に取ってみたい感」と「実際手に取れる感」があった。

手に取って膝の上において読んでみると、今まで知らなかったけど、読んでる自分の姿がミョーにかっこよかった。

かっこいいなあ。。。

そう思えた。

そしたら急に誰かにラブレターを書いてみたくなった。

それは高校時代でストップしている行為。

だが、相手がいない。誰に向かって書けばいいのだ。

しょうがないから、目先の手軽な対象者として「妻」を選んだ。

これなら、見つかっても誰にも迷惑が掛かるまい。

さあ、どう書くか?

安易なデジタル手段は使いたくない。

わざわざメールで「君が好きだよ」と打って送るほどボクは野暮じゃない。

やはり書くなら紙だ。「紙」に書こう。

だが、いくらなんでも広告の裏紙はいただけないだろう。

と思って便箋を探したが、これがなかなか出てこない。

そんなこんなで、だんだんやる気を失っていくボクだった。

ところで今日は死ぬほど暑い。

秋田市は38度ですって!!

ふと、あの歌を思い出した。

そうであった。

この時期、ラブレターは砂に書くべし。

蝉ファイナル。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

拙宅の拙庭に拙松がある。

その松は今、蝉のファイナルがクライマックスを迎えている。

蝉にとって、交尾は一生の「メインイベント」なのだが、おのれの生態名が「蝉」なので惜しい。

残念無念であろうが、ここは「蝉ファイナル」と呼ばせてもらう。

拙宅の拙庭と、拙者たちの拙寝室は近い。

なにしろ庭といっても「広さ方丈」である。

寝室といっても、こちらも「広さ方丈」である。

鴨長明さんの影響でそうしたわけではない。

予算上の都合である。

そんなわけで、寝ている耳元で、蝉がファイナルをしている臨場感が満喫できる。

蝉は地上での時間が短い。

ウルトラマンは地球上で3分しか生きられないのと似ている。

かれらはもう少し長いが、それでも1週間である。

1週間の勝負に勝てなければ子孫を残せない。

子孫とは何か?

もちろん蝉である。

その蝉がまた蝉ファイナルをやって蝉を生むのである。

彼らは永遠にメインイベントとしての蝉ファイナルを行っているのである。

何だか決勝戦のない準決勝のようである。

大トリのいない紅白のようである。

前座だけのライブのようである。

前菜だけのフルコース。

序文だけの論文。

ポケモンのいないポケモンGO。

玄関だけの家。

OSのないパソコン。

ゴジラのいないゴジラ映画。

帝釈天のない葛飾柴又。

ところで、蝉。

いや、SEMI(セミ)という言葉。

半分、半ば、やや、など、中途半端な意を表す。

「セミプロ」「セミクラシック」「セミダブル」などなど。

ならば、「せみしぐれ」は「ややしぐれ」という意味にも取れる。

そんなことを言ったら藤沢周平さんに怒られるか。

さて、拙宅の拙庭に拙松に泊まっている夥しい数の蝉。

こちらはSEMIどころか、夜中でもなんでも、やる気「全開」である。

完全燃焼している感がある。

交尾にうつつを抜かしている。

いやひと夏の享楽にいそしんでいる。

いやいや、そんな甘っちょろいもんじゃない。

蝉DNAに操られるがまま、蝉生涯の全てを懸けて全力投球しているといったほうがいいだろう。

やたらうるさくて、こっちがろくに寝てられないのだが、まあしょうがない。

あと数日の辛抱だ。

そうそう、今思い出したのだが、ボクが一番好きな「セミ」言葉があった。

蝉ヌード、いや「セミヌード」。

オールヌードより全然いいね。

おっと、どーでもいい余談でした。

ドヨーノウシノヒ。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

100キロを軽く超えると思われる友人が、今日誕生日だそうで。

毎年今日7月30日(土曜)が「土用の丑の日」ではないのだが、今年はそーゆーことだそうで。

田舎の良家のおぼっちゃんだったころのボクは、「土用の日」を「土曜の日」と思っていた。

もっと恥ずかしいことを言えば、そのころのおぼっちゃんは、「丑の日」を「牛の日」だと思っていた。

だから、言葉とは裏腹に「土曜日に牛丼を食う日」が「土曜牛の日」だとばっかり思っていたのだ。

やがて「金曜」に「うな丼」を食った日を経験し、

「水曜」に「カレーライス」を食った日を経験して、

どうやら「ドヨーノウシノヒ」というのは、「土曜の牛の日」ではなかったことを知るのである。

ずいぶんマセテないおぼっちゃんだった。

前述した100キロを軽く超える友人は、可愛そうなことに大好きな「うなぎ」が食えない体になってしまった。

友人がいつも通っている「うなぎ屋の親父」が、自責の念からか、彼の「うなぎ!」のオーダーにはゼッタイに応えないらしいのだ。

せいぜい「肝焼き」ぐらいしか出してくれないと言って嘆いていた。

「だけど、誕生日ぐらい食えよ! ガバ~ッと食ってみろよ!」

というボクの無責任な挑発に、彼が取った行動はこうだ。

FACEBOOKの載せたこの写真を見よ。

13669218_1708192502655508_2464640020588478500_n

うめがった~~。
バースデー「超メガ盛鰻重」

そんな満足そうなコメントが添えてある。

やっぱ食ったか。。。

あ~あ、おら知らん。

日本食と日本語と日本人。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

ここんとこずっと海外では「日本食」がブームである。

「日本人」はどうか? 

あかん。

パッとせん。

日本人がブームだったのは「浮世絵」が人気だったころの欧州での話。

日本人でも、とりわけ「さむらい」「芸者」「相撲取り」が人気の的だった。

「日本語」はどうであろうか?

世界的に見て日本語はどうであろうか?

海外では全然ダメである。まるで人気がない。

日本語の華やかかりし時代もあった。

それは、言うまでもなく『大東亜共栄圏構想』下でのアジアの開発途上国における話。

戦争が終わり、日本語は母国でしか通用しない言語になった。

それでも少し前までは、中国人とかアジアン系の人々の間では少しは使われていたものだ。

彼らは日本の進んだ技術や学問、文化を学ぶ必要があったから。

留学生なども、その時代は必死に日本語を学ぼうとしていたような気がする。

でも、自国が富であふれてくると、もう「日本語」などには興味をなくしたようだ。

彼らは日本語を学ぶ必要がなくなり、日本での買い物を楽しむようになった。

ニポン ベンキョ モウイイ アルヨ

ニポン カイモノ ジャンジャン タノシアルネ!

そんなわけで、日本語はアジアン系にも人気がなくなった。

さらに、自国の人々からもぞんざいに扱われ始めた。

特に、日本語の良さである「丁寧な表現」「繊細な表現」がどんどん廃れてきている。

考えてみれば「日本語」も「日本食」もヒジョーによく似ている。

どちらもビミョーなニュアンスが出せるし、

そのビミョーなニュアンスを感じ取ることができるのが「日本人」なのだ。

日本食のビミョーさは「ダシ」に代表されるものだが、それを感じ取ることができる、舌の先にある「味らい」が最も発達しているのがわれら「日本人」である。

日本語とて同じで、「味らい」のような繊細な感覚を、われわれ日本人は言語中枢神経に宿しているのだ。

その証拠がFACE BOOKのボタンの種類に表れている。

「いいね!」という表現は、あちらでは「GOOD JOB!」だけであり、それだけで事が済んでしまう。

しかし、日本ではそうはいかなかったとみえて、「ひどいね」「超いいね」「かなしいね」など、いろんな感情を表現するアイコンを彼らは用意せざるを得なくなったではないか。

あんたらは何でもかんでも「グッジョーブ!」とか「エクセレント!」とか言ってりゃいいかもしれんが、日本人はそうはいかない。

言葉の使い方をちょっと間違えただけで、ものすごく悲しんだり、怒ったりしてしまう国民性なのだ。

そんなわけで、日本食の大ブームにあやかって、もっと「日本語」も注目されたいね! 

ほんとはいい言葉なのにね! って話でした。

もちろん「日本人」そのものもなんだけどね。

もっと誇りを持とうぜ、日本人!

※調べてみると、英語にもいろんなニュアンスがあるようだ。
Good, Nice, Excellent, Wonderful, Great, Gorgeous・・・。
すいません、英語音痴なもんで・・・・。

じゃによって選挙に行きます。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

妻がようやく仕事ひと段落。

朝6時から夜4時まで、日曜だというのに2人ともよー頑張りましたよ!

さあ、ビール飲む前にもう一仕事。

それは選挙。

今回は何やらきな臭いことになるかならんかを決める選挙らしい。

じゃによって、行ってきますよ。

さて、この「じゃによって」。

「したがって」とか、「ゆえに」「そういうことだから」というような意味である。

あんまり使わないけどね。

助動詞「じゃ」+助詞「に」+動詞「よる」+助詞「て」からできているそうで。

先に述べた事柄によって帰結することを述べる文を導くそうで。

最近、東大の人とかエバッタ人とかが、「じゃによって」「じゃによって」と言うのを聞いていると、「それがどーしたって?」「それがなんじゃい!」みたいな気になってしまうのは、ボクがストレスフルなのか。はたまた頭のいい人へのひがみなのか。

だけど、「したがって」でいいものを、何も今さら「助動詞「じゃ」+助詞「に」+動詞「よる」+助詞「て」からできている言葉」を使わんでもいいやろ! と思うわけ。

ジャミラなら好きだけど。

そんなわけで行ってきます。

じゃによって選挙へ。

追伸)昨日、妻と歌舞伎を見に行きました。

歌舞伎十八番の『鳴神』です。

大好きな演目なんですが、そこでも堕落する前のまだ偉い和尚さん時代の鳴神上人が「じゃによって」と言っておりました。

いやあ、オドロキ、オドロキ。

やっぱり「偉い人が使うセリフ」なんだな。