最も危険な言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

「混ぜるな危険!」という言葉がある。

トイレ方面でよく見かける。

あれは小さい字で書いてあっても目を引く。

で、一体何と何を混ぜると、どーゆー危険が身に降りかかってくるのか、教えてほしくなる。

どうやら、塩素系の洗剤と酸性の洗剤を混ぜると有毒ガスが発生する恐れがあるということらしい。

それを聞くと、さすがにちょっと怖くなる。

ひるむ。

混ぜる行為は、どちらかというと安全なものだ。

例えば、絵の具で紫の色をつくるために、青い絵の具と赤い絵の具を混ぜる。

これは安全で平和的で芸術的な行為だ。

例えば、泥遊びで砂と水を混ぜる。

これも安全で友好的で牧歌的な行為だ。

自転車のパンク修理剤などで、A剤とB剤を混ぜるものがあるが、あれだってとても安全で生産的でエコ的な行為だろう。

あるいは、今朝も食べたのだが、納豆を混ぜる行為はどうだろう。

ねばりが白~い糸を引き、箸が重~くなるほど丹念に混ぜる行為はどうでしょうか?

これぞ「日本の朝の食卓」になくてはならない光景ではないでしょうか?

混ぜる行為そのものがすなわち、なくしてはならない「日本の原風景」であり、究極の「日本の美」なのだ。

ほっこり、あたたかく、ゆたかに、大和民族の心にしみいるのだ。

危険と対極にある言葉がこの「混ぜる」だ。

それだけに「混ぜるな危険!」という言葉は怖い。

「混ぜる」というすこぶる平和的な行為を全面的に否定し、その上、さらに注意喚起語の最たるものであるところの「危険!」をくっ付けることによって、その効果は絶大なものになるのだ。

今朝、ボクは熱~いなめこ汁を食べていて、思わずなめこをペロッと飲み込んでしまった。

「あぢ、あぢ、あぢ、あぢ~!!!」

となった。

皆さんもありませんか?

そーゆー体験。

思わずこんな言葉が浮かんだのだった。

「のどの奥危険!」

お言葉ですが、というお言葉ですが。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

「お言葉ですが」というお言葉がある。

なぜ「お言葉」と「お」を付けたか?

それは「お言葉ですが」という「お言葉」は、あまりにもいろんな類義語があるからである。

多分、ボクが知る限り、あらゆる言葉の中で最も類義語の多い言葉だろう。

そんな「お言葉ですが」に敬意を表して、ボクは「お言葉」と呼んでいるのである。

ちなみにその方の発言を「お言葉」と称してもいい唯一の人。

そう、それは「天皇陛下」である。

それ以外は基本的に使いません。

そうでしょう。

「父のお言葉」と言いますか?

「母のお言葉」と言いますか?

「社長のお言葉」?

いいえ、それは単にあなたが社長におべっかを使っているからです。

社長なんぞの発言は、ただの「言葉」「発言」「お話」「あいさつ」「たわごと」ぐらいでいいのです。

そんなわけで、「お言葉ですが」という「お言葉」がどれだけすごいものか、今からその証拠を示します。

ここからは「Weblio類語辞書」から抜粋です。

「お言葉ですが」

<自分がものを言うことを謙遜する表現>
失礼ながら ・ 僭越ながら申し上げます ・ 僭越ながらお話しさせていただきます ・ 出すぎたことを言うようですが ・ 出過ぎたことを言うようですが ・ 失礼ながら申し上げますが ・ 恐れながら ・ 失礼を顧みずに ・ 他事ながら ・ 無礼を承知で申し上げますが

<謙遜・恐縮しながら意見を述べるさま>
僭越ながら ・ 恐れながら ・ 憚りながら・ 失礼ですが ・ 出すぎたことを言うようですが

<身の程に合わないことをした人が用いる表現>
出過ぎたことを申しまして ・ 出すぎた真似を致しまして ・ 出過ぎた真似を致しまして ・ 出過ぎた口を利いてしまい ・ 僭越ながら ・ 僭越ですが ・ お言葉ではございますが ・ 失礼を承知の上で申し上げますが ・ 出過ぎた真似を ・ 出過ぎたことを

ね!

はばかりながら、「お言葉ですが」という「お言葉」についての出過ぎた考察でございました。

反社会的勢力じゃないことを如実に表す言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

社会的か?

反社会的か?

その基準は時代とともに変わる。

それを表す言葉もしかり。

例えば、かつて「入れ墨」は反社会的勢力を示す代表選手だった。

しかし、今はオリンピックを見ていても分かるとおり、別にフツーになった。

「タトゥー」と呼ぶことで、かつての「任侠」がいきなり「ヒップホップ」化した感がある。

温泉施設などに掲げてある「入れ墨お断り」の札が、人権侵害と言われる日も近いような気がする。

かつて「反社会的勢力」の代表格だった「入れ墨」の威光は、今や見る影もない。

ところで。。。

逆に「社会的勢力」を示す代表的言葉は何だろう?

換言すれば「反社会的じゃないことを如実に表す言葉」。

最近、レジで「レジ袋要りません」の札をカートに入れながら思っていることがある。

ボクたちってなんて「エコ」なんだろう。

レジの人に「ご協力ありがとうございます!」と言われながら、思うことがある。

ボクたちって実に「社会的」だなあ。

そうだ。

この「エコ」こそが、現代の「社会的勢力」を表す言葉、つまり「反社会的じゃないことを如実に表す言葉」なのではないだろうか?

付言すれば、ボクたちはクルマを持っていない。

時々カーシェアリングを利用するだけで、普段は歩くか、さもなければバスなどの公共交通機関を利用している。

これも「エコ」ではないだろうか?

エコとかオーガニックとか、ボクたちはごく自然に、そーゆー暮らしを実践しているわけだ。

えっへん!

こんなボクたちを「反社会的勢力」などとは呼ばせない!

などとエラそうに言ってますが。。。

正直に言えば、

レジ袋2円の節約、クルマにかかる経費の節約、もちろん、それがそもそもの理由だったわけですけどね。

苦肉の言葉、皮肉の言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

苦肉と皮肉。

どちらも「肉」である。

「苦しい肉」のほうは「苦しまぎれに考え出した手立て」のこと。

「皮と肉」のほうは、「弱点をつくなど骨身にこたえる事をそれとなしに言う、意地悪な言葉」である。

どっちの肉もあまり美味そうじゃない。

肉が付く言葉には「骨肉」というのもあるが、これもまたあまりイメージがよろしくない。

骨肉の争いとか言うし。

どうせなら「肉林」のほうがいいね。「酒池肉林」サイコー!

もっとも、「肉林」の「肉」に「肉欲」の意はなく、女性に囲まれて大騒ぎをする宴というのは誤用らしい。

酒池肉林とは、酒や肉が豊富で豪奢な酒宴という意味なんですって。

まあ、どっちにしても凡夫のボクには羨ましいかぎりで。。。

さて、最近実際に身近で起こった話。

とある日本料理店におばあちゃんを連れて行った時のこと。

おばあちゃんは料理を運んでくる中居さんに、こんなセリフを連発していた。

「ほんとに変わったお料理ですね」

「実に変わったお料理ですこと」

「ほんとに珍しいお料理ですわ」

「実に珍しいお料理ですのね」

「これは食べたこともない珍しいお料理でした」

「今まで一度も食べたことのない実に変わった料理でございましたわ」

一見、料理を褒めている言葉にも聞こえるが、しかし、おばあちゃんは最後まで「美味しい」とは言わなかった。

デザートを食べ終わるまで、この類いの言葉をつごう37回連発したおばあちゃんだったが、結局、「美味しい」の4字は口に出さなかった。

そうなのだ。美味しくなかったのだ。

つまり、彼女の言葉は「苦肉の言葉」だったわけ。

何か言わなきゃと思う一心でひねりだした言葉が「食べたこともない」とか「珍しい」とか「変わった」・・・だったのだ。

しかし、隣にいたボクは、中居さんの気まずそ~な顔をチラ見しながら、こう思っていた。

おばあちゃん、それって皮肉だってば!

もう十分バレテルってば!

英語にとってかわられてしまった言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

もともと日本語だったのに、英語にとってかわられてしまった言葉がある。

まるでGHQに占領された日本のように、アメリカに占領されてしまった言葉。

それは「T字路」です。

これは「亀田の柿の種」の袋に書いてあったものだ。

こんなふうに書いてある。

私たちが日常的に使っている「T字路」という言葉、これ本当は「丁(甲乙丙丁の「丁」)字路」が正しい表記だったんです。
アルファベットが日常的になり、いつしか「T」にとってかわられてしまいました。現在も法律用語などでは「丁」が使われていますが、一般的にはいずれもOKとされています。

この理屈でいくと、「Tシャツ」はもともと「丁シャツ」だったんだろうか?

「Tバック」は「丁バック」だったんだろうか?

「丁バック」ねえ・・・。

こりゃ、イメージとしては「ふんどし」だね。

拷問言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

拷問のような言葉がある。

それは「誰も寝てはならぬ!」である。

そういう名前のオペラの歌もあった。

確かプッチーニのアリア。

この言葉は怖い。

「誰も寝てはならぬ!」なのだから。。。

「太陽がほえろ!」、もとい「太陽はほえる!」、もとい「太陽にほえろ!」の「へそ曲がり署」、もとい「鼻曲がり署」、ああ、もとい「七曲り署」に、「弥次さん」、もとい「喜多さん」、もとい「山さん」というデカがいた。

彼の得意文句を思い出す。

「吐くんだ~!」

である。

そして、そのセリフを吐くとき、必ず犯人の顔に卓上スタンドの白熱球を向ける。

犯人は、貧しそうに、いや、まぶしそうな目で「う、う、う、う、」と言う。

そして山さん。

「さあ、吐くんだ~!」

これもやっぱり拷問ですね。

でも、山さんの優しいのは、耐え切れなくなって吐いてしまった犯人に、店屋もんの「カツ丼」を食わせることだ。

あれが「ニラレバ炒め」とか「チャーハン」であったためしがない。

必ず「カツ丼」だ。

ボクはいつも、あれを見ていて「食いたいなあ」「犯人になりたいなあ・・・」などと、不届きなことを思っていた少年だった。

それはいいとして、もし犯人が吐く前に、カツ丼を食わせていたらどうなっただろうか?

吐く前に、文字通り「吐いた」ことであろう。

だから、あの順番「吐く」→「注文」→「食う」は正解なのだ。

「注文」→「食う」→「吐く」でなくてよかった。

そんなことはいいとして。

拷問言葉がもう一つあった。

それは、「待て!」である。

この言葉は、特に「犬にとって」多大な精神的苦痛を強いる言葉だ。

美味しいものを目の前に置かれ、彼らはよだれをダラダラ流しながら、待つことになる。

ボクはそーゆー犬を何人、いや何犬も知っている。

「ヨシ!」の2文字を待ちわびるワンちゃんに向かって、いじわるな子どもが、こんなことを言う。

「ヨ~~~~~~~~~し子ちゃ!」

フェイントをかけられた犬は、かわいそうに口からよだれがあふれ出ている。

それでも子どもはやめない。

「ヨ~~~~~~~~こらっしょ!」

ああ、これじゃあ人権侵害、いや「愛犬侵害」だ。

犬にとっての「待て!」は、人間にしてみれば「なにも食ってはならぬ」ということだ。

これ以上の拷問言葉があろうか?

人生で一番多くしゃべってきた言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

さあ、それは何だろう?

人生で一番多くしゃべってきた言葉。

ボクのバアイはこれだ。

「なに食べる?」

妻のバアイはこうだ。

「なに食べよっか?」

厳密に数えたわけじゃあないけど、今さっきもこういう会話になったし、昨日も、おとといも確かおんなじ言葉をしゃべった気がするのだ。

皆さんはどうですか?

お一人の方は、まさか口に出してしゃべってはいまいが(それも気持ち悪いが)、お胸の中では発しているはずだ。

この「なにを食べるか?」にまつわる言葉は、生命の根源にかかわる大命題ゆえに、今まで古今東西、多くの人によって語られてきたものだ。

ボクは、かつて少年時代にお母ちゃんから、数万回聞いた覚えがある。

昨日見た『名探偵ポワロ』の中でも犯人の妻によって語られていた。

「あなた、なに食べる?」

『トト姉ちゃん』の中でも1週間に1回は必ず語られている言葉だ。

数えたことはないが。。。

そういう最も人間にとって大事な言葉も、時と場合によってはつらい言葉になる。

例えば、それは戦時中の食糧難の時代。

「ねえ、今日なに食べよっか?」

「バカ! イモしかないじゃろが!!」

例えば、戦争中の南海の孤島。

「上官、今日の夕飯はなんでありますか?!」

「きさま! 草でも食っとれ!!」 

結婚記念日に最初にしなければいけない重要なこと。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

今日はボクたち夫婦の10回目の結婚記念日である。

2006年9月9日、重陽の節句に、ボクたちは陶芸家のご夫婦が証人になってくれ入籍したのだ。

結婚記念日に海外旅行に行く?

結婚記念日に指輪を贈る?

結婚記念日に映画館に行く?

結婚記念日に花束を贈る?

などなど、結婚記念日にすべきことはたくさんある。

特に「10年目」という節目の年には、いろいろ企画を考えたいところだ。

で、ボクたちもいろいろ考えていた。

一番ボクたちらしい結婚記念日の過ごし方を。

でまあ、いろいろ計画はしていたんだけど、結果的に、ボクたちに最もふさわしい記念日になった。

それは何かというと、いきなり朝からものすごい仕事をやっつけなけらばならなくなったのである。

結婚記念日に最初にしなければいけない重要なことは、案の定「急ぎの仕事」であった。

これが最も2人にふさわしいということなのであった。

朝5時に起きて仕上げた仕事の対価を持って、その範疇で食べられる範囲のディナーを食べよう!

サイフをそれ以上広げるのはよそう!

ああ、何とも切なく、そして庶民的な結婚記念日ではないか!

こうやっているのが一番安心できるボクたちって、本当に貧乏性だなあ。。。

立たない人。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

別にEDではないのだが、最近どーも立たなくなった。

いや、立たないのではない。

自主的に立ちたくなくなったのだ。

どういう場面で立ちたくないか?

いや、そーゆー場面ではない。

そーゆー場面では立ちたい!

立たねばなるまい! どーしても。

ボクが立ちたくなくなったのは、他でもない。

コンサート会場で、である。

いつから、人はコンサート会場で立つようになったのか?

それも、一部、盛り上がりの場面でではない。

最初から最後まで、立ち上がったまんま、なのだ。

下手したら2時間も3時間もたったまんま、である。

そーゆーエネルギーはもっと他に費やせないものか。

どーして、そうも立ち上がりっぱなしで聞かなければならんのか。

ボクは不思議でならない。

この「立つ行為」が普遍化したのは、「コンサート」のことを「ライブ」と呼び出してからではないだろうか?

かつては「コンサート」だった。風も水越けい子も岩崎宏美もピンクレディーもみ~んなコンサートではなかったか?

それが今や、猫も杓子も「ライブ」だ。

ライブ、ライブ、ライブ!

そして、みんな立つ、立つ、立つ!

座っているヤツは白い目で見られる。

「や~い、おじん」と声には出さずになじられる。

ボクは立つのがいやだ。

立たないで静かに聞きたい。

無理して「ミスチル」や「ミーシャ」のライブに行って、つくずくそー思った。

立たなくてもいいライブはないのか?

そー思って探した結果、「小椋佳」のライブを見つけてホッとしたものだ。

そもそも、彼自身がずっと座って歌っていた。

観客はみんな中年以上だった。

しょっちゅう中座してトイレに行っていた。

そんなわけで、楽しみにしていた吉田拓郎のライブが来月ある。

抽選で当たったのだ。

果たして立たないで見られるものか?

う~ん、ビミョーなライブになりそうだ。

不条理な毛の問題。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

毛はあるほうがいいのか?

ないほうがいいのか?

いわゆる「毛の問題」である。

そうすると、大抵の人は「そりゃあ、場所によるわいな」と言う。

あったほうがいい場所は「頭」を筆頭に、中には「顔」とか「胸」とかである。

しかし、これも時代とともに「人気箇所」というものが変わってきている。

特に「腕」とか「すね」とか「胸」の人気はガタ落ちだ。

女性ばかりか、最近の若い男もそーゆーところの毛は抜いているようだ。

いわんや「尻」とか「背中」などは「禁毛区」である。

あってはいけない場所なのだ。

こないだ、温泉の大浴場で、頭部地方は「ツンドラ不毛地帯」なのに、臀部地方は「熱帯雨林地方」のオッサンを見た。

その黒々としたそれがそっちじゃなくて、その寒々としたのほうにあったらなあ。。。

と、誠にザンネンに思った。

どーも毛の問題は、非常に不条理な問題を抱えているようだ。

ところで、ボクはこの町内会で「文教部長」をやっている。

えへん!

昨日、ボクの上司に当たる役職の方が見えた。

彼は半ズボンを履いていた。

見るともなしに、すねを見た。

すると、毛が全然なかった。

ツルツルの足。

ボクはこう思ったものだ。

「リカちゃんの足だ!」

そう、セルロイド人形の足だったのだ。

「ああ、役職負けしている」

そんな訳の分からない優越感に浸っているボクだった。