「樹はいずこ こんなはずでは 網戸蝉」

去年の夏、カラスが青いまだら模様の卵を4つ産んだ。
巣は庭の松の樹上にあった。
すぐそばにごみ収集場があり、ごみを捨てに来る人への加害を恐れ、大家さんに頼んで伐ってもらった。
それから1年。
毎年この時期にうるさいほど鳴いていた蝉が鳴かない。
樹がないからだ。
7年前、親に教えられた場所はなく、やむなく網戸が代用されたようだ。
見てるとなんだか空しいね。
こんなふうにして地球規模で鳥や昆虫たちの受難が加速しているのかな。
あーあ、樹を伐んなきゃよかったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です