心にもない言葉。

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
今日もワンプッシュ、よろしくお願いします!

「ばかと刃物は使いよう」というが、「言葉」にもそういう一面がある。

人を楽しませ、シアワセにしてあげられる反面、人をまんまと欺くことができる。

詐欺師たちが用いる「言葉」がそうだ。

彼らが「巧みに」用いる「言葉」は、お年寄りから何百万ものお金をまきあげる力を持つ。

そういう言葉とは別に、最近言葉について思うことがある。

それは「心にもない言葉」の流布だ。

何の意思も感情も持たない、口先だけの言葉をよく目にする。

耳にすることもある。

そういう言葉を「歯が浮く」思いで見たり聞いたりしている。

そららの言葉は決まって、「ミョー」が付くほど「丁重」だ。

「ばか」が付くほど「丁寧」だ。

ボクのようなヒジョーに短気で損気な人間は、終いにはムカムカしてきてこう言ってしまいたくなる。

「おい! 慇懃だぞ!」

「おい! 無礼だぞ!」

「おい! 兄ちゃん!」

「おい! 姉ちゃん!」

「お前、なめとんのか! こらっ!!」

たとえトツトツとでも、心にある真実の言葉で語ってほしい今日この頃である。

ボクも気を付けんと。。。

え?

お前は歯に衣着せな過ぎ?

そう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です