みかんの腐らない家

生協の個配の人(「お天気さん」と呼んでいる)が、みかん2箱持ってきて妻にいわく。
「最近はみかんが腐りやすいんです。それはかくかくしかじかだからです」
かくかくしかじか、とか?
「家の気密性が良くなったから」だそうで。
しかし、うちはザンネンながら、その「みかんの腐りやすい」家ではない。
築35年(厳密にはそこに既に2年住んでいるわけだから「築37年」と言わずばなるまい)のボロ屋は該当しない。
家の支柱はほぼ全面的に歪み、否応なく隙間風が入ってくる。

あ~あ。

思えば、ここに引っ越す前の家も「築35年」の状態から住み始め、実にそこには12年もいた。
最終的な「上がり」は「築47年」だったことになる。

寒かった。あっちも寒かった。

あ~あ。

でもまあ、あの頃はまだ若かった。

それでも朝5時に起きて仕事ができた。

今日、朝6時起きに合わせた目覚まし時計を止めて、ぐずぐず布団の中で妻と、そんな悲しい話をしていた。

年取ったなあ。

寒いなあ。

そんなことをしゃべりながら、7時に布団から出た。

洗面所の前に置かれたみかんの箱。

触ってみると冷たかった。

ぎょっとするほど冷たかった。

なんじゃこりゃ~!

冷凍みかんちゃうか~!

あ~あ、みかんが腐る家に住みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です