新しい ことを始める コロナかな

ちょうど日本でコロナウイルス騒ぎの始まった2月の下旬、

僕は新しい挑戦を始めた。

それは「朗読」であった。

正確には、「朗読家になること」であった。

妻にはかねがね小説の「読み聞かせ」をしてきた。

読み聞かせ歴は長い。かれこれ20年近くに及ぶ。

が、今回は、その道のプロとして認められるくらいの実績を持ち、

ゆくゆくは、それがなにがしかの喜びや満足を人や社会に与え、

いくばくかの対価が得られるようになりたいと思った。

こんなご時世だし、明日は「このまま」が維持できるとも限らないからね。

頑張って読む練習をし、いろんな録音方法を試し、試行錯誤の末、一つの音源を完成した。

妻にも「聞き役」「駄目出し役」で何度も協力いただいた。

プライドの高い僕は、愛情故の容赦ない妻の指導に遭って、

しばし陰険になったり、バトルになりそうになったこともある。

1カ月後、「青空朗読」というところに音源を送った。

結果、バツ。

しかし、ご親切にもたくさんの「赤ペン」や「青ペン」「緑ペン」入り添削文書が返ってきた。

赤ペンは読み違い、青ペンはアクセントの相違、緑は雑音だった。

小学校以来の「再練習宣告」だった。

アクセントの矯正が一番難しかった。

これは長年の癖だからね。

そんなこんなで、それから1カ月後の昨日、とうとう僕は一つの夢をかなえた。

青空朗読に載ったのである!

このことはまっ先に石巻のおばあちゃんに報告した。

義姉たちも「すごい!」と喜んでくれた。

何よりも妻は、陰で支え勇気づけてくれた張本人なので、

大層喜び、その表現として「ひゅ~ひゅ~!」って冷やかされっ放しだった。

国木田独歩『忘れえぬ人々』(42分)朗読者 伊藤靖

http://aozoraroudoku.jp/

よろしければ読んでみて、いや、聞いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です