人間を映す鏡の体重計

「あ~あ、また太った。夕べのパスタのせいだ」

「それと酒も飲み過ぎた」

朝、体重計に載るのが習慣で、その記録を厳密に書き取っている僕たち。

例えば、500グラムずつお互いが増えた場合は冒頭の会話になる。

その反対に減量に成功した場合は次のような会話。

「ほらね! やったね! ご飯の量を7割にしたかいあったね!」

「お酒も1合とちょっとだったしね!」

これを繰り返している。

増えると前者、減ると後者。

よく人間を表しているなあと思う。

ちょっと良くなれば油断し、悪くなれば兜の尾を締める。

まあ、それが人間であろう。

毎日気付くだけでも、立派な人間であろう。

そういうことにします・・・

人間を映す鏡の体重計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です