人はいつか死ぬのだが・・・

8月4日は義兄の7回忌だった。

その法要を兼ねた食事会を身内だけで行うというので、1月の義父の13回忌以来の石巻へ。

仏前で手を合わせ思う。

「59歳は若過ぎだよ」

当時生まれて数カ月だった孫はいま、小学1年生。

その後にもう2人、孫が生まれた。

そんな子供たちの姿を「生で」見られなかったこと、

こんな「神様」をその手に抱けなかったこと、

それを思うと切ないね。

人はいつか死ぬのだ。

いつか必ず死ぬのだが・・・

でもやっぱり早過ぎる。

僕はこの12月、そんな義兄の死んだ年齢になる。

義兄から学んだことは多いが、

「や、健康診断は必ず受けろ!」の言葉が重く響く。

それは、がんが手遅れの状態で発見された時、彼が発した無念のメッセージ。

人はいつか死ぬのだが、少しでも長く生き続けたい!

このごろそう思うようになった。

生きることに貪欲になった。

きっといい人生を送っているからだろう。

で、今年の健康診断の結果・・・

取りあえず異状なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です